宮津市在宅医療・介護連携シンポジウムが開催されました。

【北星会】

7月20日に、宮津市在宅医療・介護連携シンポジウムが開催されました。

今回のテーマは、「住み慣れた地域で自分らしく生きるために」。

当法人からも、パネリストとして、今出理事長、向山ケアマネジャー、正木生活相談員が参加しました。

地域である事例を、課題を含めて紹介し、そこに対してチームでどのような支援をしていけるかなど、地域包括ケアシステムの中の各キーパーソンが、具体的な支援方法について前向きな話ができました。

「いつまでも自分の家で、暮らしたい」

「家族への負担を減らしたい」

地域の力で、これからも自分らしく生きていけるように。

関連記事

  1. 恒例の干支飾りでチュー。

  2. 楽しく食べることもリハビリ⁉

  3. どう変わる?天橋園①

  4. 日本三景「天橋立」を守り続ける取り組み

  5. 笑顔作りは私たちにお任せ!

  6. オレンジカフェで大笑い!

PAGE TOP