• 法人概要
  • 法人のあゆみ
  • 情報公開
  • 取り組み

法人概要

基本理念・方針

1. 誰もが暮らしやすい地域づくりに貢献します。
北星会は、社会的包摂の考え方を中心に置き、法人の持つあらゆる機能を活用し、共生、共助の地域づくりを推進し、誰もが安心して住み、慣れ親しんだ場所で暮らし続けられるよう地域包括ケアの一翼を担っていきます。

2. 地域の福祉ニーズに目を向け、新たな福祉サービスの創造に努めます。
介護保険サービスの提供だけにとどまらず、地域のニーズに目を向け、公益的な活動、介護保険外のサービスの創造に努め、利用者のニーズを満たすことができるようにさまざまな事業を展開していきます。

3. 北星会の職員が、感謝の念と謙虚な気持ちを忘れず、誇りと喜びをもって仕事に取組むことにより、自己実現を果たせる職場環境をめざします。
人に生かされ、地域に生かされていることに感謝し、謙虚な気持ちで仕事に取り組みます。法人は、仕事を通じ働く人たちを生かすことを常に考えます。その中で仕事自体が社会に貢献している実感をもてる人材を育成します。

「経営理念」

● 保険、福祉、医療等の連携を図り、住民福祉の増進と地域社会の発展に寄与する。
● 老人福祉施設倫理綱領に基づく「利用者本位の施設経営」に徹する。
● 個人の尊厳と基本的人権に基づく「人間味」のある介護サービスを追及する。
● 利用者満足度を基本としたサービス提供と自立支援に努める。
● 経営施設の独立採算制の確保を基礎に、職員の生活保障を目指しつつ、経営の安定を図る。
● 「人の和」を重点に据え、創造性豊かな人材の育成・確保に努める。
● 職員は、自己研鑽に励み「経営理念」を自覚し、指示されたことだけを遂行するだけでなく、常に改善や創意工夫に努め、自ら意欲をもって課題に取組むとともに、協調性をもって職務に専念する義務を履行する。

法人概要

名 称 社会福祉法人 北星会(しゃかいふくしほうじん ほくせいかい)
理事長 今出 陽一朗
所在地 〒626-0033 京都府宮津市宮村1277番地
連絡先 TEL:0772-22-0320 / FAX:0772-22-8477
法人設立年月日 昭和51年10月8日

動画で見る北星会

法人のあゆみ

法人設立以降の歩み

昭和52年4月 特別養護老人ホーム「天橋園」開園
昭和57年2月 宮津市デイサービス事業の受託経営開始(宮津市デイサービス松寿園B型)
昭和60年4月 特別養護老人ホーム「与謝の園」開園
昭和62年12月 与謝郡4町デイサービス事業の受託経営開始 (与謝デイサービスセンターB型)
平成2年6月 与謝在宅介護支援センター事業の運営受託開始
平成5年11月 与謝郡4町デイサービス事業の受託経営開始 (与謝デイサービスセンターE型)
平成7年11月 宮津市在宅介護支援センター事業の運営受託開始 (府型あんしん介護の窓口)
平成9年4月 宮津市在宅介護支援センター事業(国型)の運営受託開始
平成13年3月 介護老人保健施設「リハ・ヴィラなぎさ苑」開苑
平成17年5月 特別養護老人ホーム「天橋の郷」開設

取り組み

健康宣言

北星会の職員・一員としての誇りと自覚と共に、北星会がワンチームとして社会福祉・地域貢献に挑む法人を目指すことから、まず職員一人一人の健康管理も重要であり、個々の健康管理の啓発に重点を置き、法人全体で取り組んでいます。

社会福祉法人 北星会

取り組み内容

1. 就業前の腰痛予防対策(ストレッチ等)を行い、朝礼前のラジオ体操の実施
2. 健保協会等主催の研修開催
3. 定期健診等(ストレスチェック含む)の100%実施と、健診結果に基づき産業医への紹介の斡旋と相談。(希望者対象による個別相談)
4. 2次検診受診への紹介と斡旋
5. 衛生委員会等による職場環境確認と改善
6. 残業時間、有給取得率の確認による対策の検討と対応を実施。
7. 介護休業、育児休業の取得へ向けた職場環境のさらなる整備と、相談体制の充実化。

健康経営推進体制

社会福祉法人北星会では、法人本部・管理者・安全衛生委員会・事務担当が連携し、職員の健康管理や健康増進の啓発に努め、職場環境の向上に取り組んでまいります。

●法人本部
各拠点の状況を把握し、分析を行い、各拠点管理者、事務へのフィードバックを行う。健康経営を推進するために実施施策等提案し取り組む。
●拠点管理者
各拠点の職員の健康管理の把握に努め、安全衛生委員会と連携し環境改善に努める。運営会議等において周知を行い更なる健康経営推進に取り組んでいく。
●衛生委員会
毎月安全衛生委員会を開催し、拠点管理者、産業医とも協力しながら健康経営を推進するための実施施策等検討し立案する

PAGE TOP