なぎさ苑に新しい仲間が増えました!その①

[なぎさ苑リハビリ室]

なぎさ苑にはリハビリの国家資格である、「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」が働いております。

ご利用者様が入所リハビリ・通所リハビリ・訪問リハビリ等を通して、

医療機関退院後も切れ目なくリハビリサービスを利用でき、

住み慣れた地域で安心して暮らせるようリハビリサービスを提供しております。

また、なぎさ苑リハビリ室ではリハビリ万事屋(よろずや)をはじめました。

リハビリについて分からないことがあればお気軽にご相談下さい!

各種研修会講師やリハビリ訪問指導等にて可能な限りお手伝いさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

<リハビリで大切にしていること>

なぎさ苑では、個々のケアプランをもとに、ご利用者様の利用目的や在宅での具体的な生活課題、

リハビリ目標等を明確にし、リハビリ=マッサージなどの「安易で受け身的なリハビリ」から

ご自身の人生や生活に対し自らが切り開いていく「主体的なリハビリ」

してもらうリハビリからご利用者様自らがするリハビリ)へと意識を変えて

いただき行動に繋げることが大切であると考えます。

関連記事

  1. なぎさ苑祭り開催のお知らせ!

  2. 栗田のびのび放課後児童クラブ運営会議

  3. お地蔵様、いつもありがとう。

  4. どう変わる?天橋園③

  5. 「きらめき」令和2年1月10日発行 第32号

  6. 令和になりました。令和の由来と意味。

PAGE TOP