福祉を体験して知ることが、街づくりにも繋がる

【天橋の郷】

今年も次世代担い手育成事業で、栗田中学校を訪問しました。

車椅子を始めとして、歩行器や移乗用リフトを持ち込み、福祉用具を学生が体験。

キャラバンメイトによる認知症について、理解を深めていただく授業を行いました。

関連記事

  1. 福祉職場インターンシップ!

  2. 恒例の干支飾りでチュー。

  3. コンセプトは「私のために・誰かのために」

  4. 小学校で、認知症のお話を。寸劇も。

  5. 年度の節目

  6. 「きらめき」令和3年1月12日発行 第34号

PAGE TOP